積貞棟4階 2020年入職 同志社女子大学 卒 新人看護師

PNSで安全な看護ができると感じて

棟病院はパートナーシップ・ナーシングシステムの体制をとっており、日々ペアで患者さんを受け持っています。そのため判断に困ったときなどすぐ先輩に相談し、アドバイスを受けることができるため安全な看護を提供できるのではないかと感じました。その他新人教育が充実しており、研修センターで看護技術を練習することができたり院内留学で、自部署で経験できないことを、他部署で学ぶことができ、看護の基礎を身に着ける環境が整っていることにも魅力を感じました。

先輩のやさしい声かけに、ほっと一息力を抜くことができました

入職したては環境が慣れなかったり、覚えることがたくさんで、初めて見聞きすることも多く、日々たくさん勉強しないといけなかったり、情報収集やアセスメントに時間がかかったり優先順位を考えて効率よく業務を実施することが、受け持ち患者さんが増えるにしたがって大変になりました。また、今年はコロナの影響のため、異例の対応だったり、業務・規制の内容が日々変更することが多く、苦労しました。しかし、サポーターの先輩や歳の近い先輩、CCの先輩が業務時間外にやさしく声をかけてくださったため、ホット一息力を抜くことができたことが嬉しかったです。