実践III(3年目研修)

3年目の看護師(中途採用者で看護経験が3年目の人を含む)を対象にした研修で、看護理論と実践の統合を目標とし、自らの看護実践を客観的に振り返り、言語化、意見交流、実践への最新エビデンスの活用を通して、看護理論と実践の統合を目指します。
また事例発表会では、大学病院における研究活動の第一歩としてプレゼンテーションの場を経験し、専門職業人として主体的な学習を継続して行います。
さらにリーダーシップ研修および臨床倫理研修では、卒後3年目看護師として、リーダーシップを発揮する為に必要な能力を養うとともに倫理観を培っていきます。

 

研修目的

  1. EBPを理解し文献を用いた事例検討を通じて、看護理論と実践の統合を行う。
  2. グループワークを通して自己の看護観を深める。
  3. ピアサポートの役割を理解し実践する。
  4. リーダーシップを発揮するために必要な能力と倫理観を養う。

研修目標

  1. EBPが理解できる。
  2. 文献検索を行い、自分の事例を助ける文献を探すことができる。
  3. 看護理論と実践の統合ができる。
  4. データや文献を用いて看護実践を客観的に振り返り、個別的な看護過程の展開ができる。
  5. 看護実践のプレゼンテーションと他者との意見交換・討議を通じて、自己の看護観を深めることができる。
  6. 看護チーム内・他部門のスタッフと円滑なコミュニケーションが取れる。
  7. チーム内での役割を理解し、新卒者や2年目看護師へのメンタルサポートを行うことができる。
  8. 自分たちに期待されているリーダーシップについて考えることができる。
  9. 価値を理解することや尊重することについて考えることが出来る。

実践Ⅲ研修カリキュラム

研修名テーマなど
リーダーシップ研修

気楽に始めるリーダー業務

時間と形式

半日、講義と演習

看護理論と実践の統合研修

(1回目)理論に基づいた看護過程の展開

時間と形式

1日、講義と演習

(2回目)文献を活用した事例検討

時間と形式

1日、グループワーク

(3回目)事例発表会

時間と形式

1日、発表

臨床倫理研修

臨床での倫理的な問題に気付こう

時間と形式

半日講義と演習