看護部のあゆみ

京都大学医学部附属病院と看護部の歩み

 年 出来事
1897年 京都帝國大學設置
1899年

医科大学開設
医科大学附属医院看護婦見習講習科開設
医科大学附属医院開設、内科・外科の診療開始
初代看護長 不破ユウ就任

1911年 医科大学附属医院産婆養成科設置
1948年 保健婦助産婦看護婦法制定
1950年 総婦長 井丸コト氏就任(ナイチンゲール記章受賞)
1951年 看護婦養成施設を看護学校に改称 
医学部附属看護学校に改称
1952年 医学部附属看護学校助産婦設置
1954年 医学部附属看護学校助産婦科を医学部附属助産婦学校に改称
1967年 夜勤婦長設置
1970年 外科系総合病棟(現病棟)竣工
1975年 助産婦学校廃止、医療技術短期大学設置
(看護科、専攻科助産学特別専攻)
1976年 看護部設置
1977年 看護学校廃止、ILO看護職員条約・勧告採択
1995年 瑞穂寮・北部寮をワンルームに改修
2001年 医療安全管理室設置
2002年 看護部長 嶋森好子氏就任
MEセンター、感染制御部、治験管理センター設置
病院機能評価Ver.4.0認定
2004年 国立大学法人化、国立大学法人京都大学医学部附属病院となる
看護実践開発センター設置
2005年 総合臨床教育・研修センター設置(看護実践開発センター廃止)
2006年 敷地内全面禁煙を実施
2007年 看護部長 任和子氏就任
新人教育制度をプリセプター制からクリニカルコーチ制へ変更
一般病棟 7:1看護体制承認
2008年 病院機能評価 Ver.5.0 認定
IVナースレベル認定制度導入
2010年 白眉寮完成
2011年 看護部長 秋山智弥氏就任
パートナーシップナーシング導入
12時間2交替制勤務導入
2012年 院内保育所「きらら」(夜間保育所)開設
ノーリフト認定制度開始
2013年 「小児がん拠点病院」に指定
緩和ケアセンター設置
透析看護認定制度開始
ブータン王国派遣活動開始
2014年 労働と看護の質向上のためのデータベース事業(DiNQL)参加
2015年 キャリアパス支援センター設置
新南病棟移転(ヘリポート設置)
2016年 ユニフォーム新デザインに変更
リンパ浮腫看護外来開設
熊本地震DMAT派遣。DPAT、救護班派遣
MFICU開設
旧南病棟から北病棟移転
第2期病棟建築工事着工
2017年 井川順子看護部長就任