がんサポートチーム

対話を大切にしたケアで
身体的・精神的な苦痛を緩和

がんサポートチームは、がん患者さんが抱える痛み、呼吸困難、消化器症状などの症状を緩和すると共に、患者さんとご家族の不安や悩みなどの精神的な苦痛を和らげることを目標に活動しています。当院が展開する幅広いがんの症状緩和に対応できるよう、医師、看護師、薬剤師、ソーシャルワーカー、理学療法士など多職種で協働しています。
薬剤の調整や、患者さんとご家族が抱える不安や悩みなどの精神的なケアが主な活動内容ですが、その他にも治療の副作用による症状緩和などにも対応しています。
その中で看護師は顔の見える関係と対話を大切にし、患者さんやご家族のご希望を伺いながらケア方法を一緒に考えています。

患者さんの生活を尊重した支援をするため
看護師の視点からの意見を発信

 

がんサポートチームの看護師の重要な役割の一つに、チームの活動がスムーズに行われるよう病棟や他部門およびチーム間の調整があります。調整において、多職種間とのコミュニケーションや顔の見える関係性を大切にしています。
 日々のラウンドでは、患者さんの状態を観察しながら、薬剤の効果や副作用を医師や薬剤師と評価しています。また、症状だけでなくその方らしい人生が送れるように、生活背景を考慮した支援を病棟看護師と一緒に考え、すすめています。
 チームカンファレンスでは、疾患や治療だけでなく患者さんの思いや価値観、希望などを共有できるように看護の視点からの積極的な発言を心がけています。
 組織横断的な活動を通して、様々な疾患や症状を持つ患者さんと出会い、多くのことを学ばせていただいています。患者さんはご自身の病気だけでなく、家族への心配事も抱えておられます。またご家族もつらい思いをされています。患者さんやご家族にとって少しでも支えになれるよう、サポートを提供していきたいと思います。