南病棟2階 2017年 入職 京都大学 卒業 新人看護師

 多くの看護実践は有意義で楽しい

目標だった看護師になり、充実した1年目を送っています。学生時代にはできなかった看護技術が実践できるようになり、患者さんに深く関わる機会が増えたことが嬉しいです。まだ目の前の業務を正確に行うことで頭がいっぱいになることもありますが、仕事をひとつひとつ覚えていくプロセスは有意義で、充実感があります。
就職活動については、学生時代に当院で看護実習を受け、自分が働く姿を想像しやすかったので、候補の筆頭でした。そして新人教育がしっかりしていることが決め手となり、入職を希望しました。

看護の基礎をしっかり学べる環境

新人教育の特長は、「知識習得」→「実践」→「技術習得」のサイクルで、しっかりと看護の基礎を身につけられることです。クリニカルコーチが丁寧に指導してくださり、さらに年齢の近いサポーターがサポートしてくださるので、新人にとってすごく働きやすい環境だと思います。 今は研修やOJTで指導してくださったことを覚えるだけでなく、疑問に思ったことは自分で積極的に調べて理解するよう努めています。そして先輩方のように、患者さんやスタッフの動きなど周りの状況を見て、先のことを考えながら動けるようになることを目標にしています。 春に一人暮らしをはじめたばかりで、家事も学習中という感じです。時々、友だちと食事に出かけたり、好きなアーティストのライヴに行ったりして、オン・オフの切り替えをしています。