南病棟7階 2018年 入職 京都府立医科大学卒業 新人看護師

 協力して仕事をしている環境に惹かれ

 当院のインター ンシップに参加し、忙しい業務の中で持間を効率的に使いながらも、不安の訴えがある患者さんには時間を取って丁事な対応を心がけるなど、細かい気遣いや配慮を意識して行動している姿がとても印象に残りました。また、スタップ開でも讃極的に会話をしながら協力して仕事をしている環境に惹かれ、自分もこの職場で働きたいと思い当院を志望しました。 当院では、PNSを導入しています。 一 人の患者さんを二人の看護師で看るため、業務の分担ができ、効率化につながるだけでなく、ミスを減らすことにもつながります。 一 年目のうちは技術やアセスメントに不安なことが多いですが、先輩も一 緒に看ているため、わからないことがあればすぐに相談でき、安心して業務に取り組むことが働きやすさを実感しています。

仕事と休日の切り替えを大切に

現在は夜勤も自立になり、11月からはプライマリ ー がつくため、退院へ向けての支援や指導をしていかなければならず責任もどんどんと重たくなってきています。出来る技術も増え業務に追われる毎日ですが、先輩たちの力を借りながらなんとかこなしています。 休日は旅行へ行ったり、友達とご飯を食べに行くなど気分転換をし、仕事と休日の切り替えを大切にしています。休むときはしっかりと休み、新しい気持ちで仕事に望むことでやりがいをもち、楽しく仕事することができていると患います。 まだまだ自分に自信が持てず、悩むことも多い毎日ですが、自分の技術に自信を持って患者さん一 人一 人と向き合えるようになるためにこれからも頑張っていきます。