南病棟1階 2017年入職 東京医科大学 卒 新人看護師

 インターンシップで大学病院の印象が一変

充実した教育体制のもとで質の高い看護を身につけるため、当院看護部で働きたいと思っていました。そしてインターンシップに参加させていただき、病棟の明るい雰囲気やチームワークの良さにも魅力を感じました。大学病院というと慌ただしく、人と人のつながりが希薄というイメージがあったのですが、当院はまったく逆で、忙しい時はみんなで協力し合う風土が定着しています。そんな特色が決め手となり、就職を希望しました。
現在は新人教育を受けている真っ最中です。週1回行われる集合研修と、部署でのOJTによって看護の基礎技術の習得に励んでいます。部署には経験豊富なクリニカルコーチがおり、丁寧に指導してくださるので安心して業務に臨めています。

基礎看護技術の習得を目指して奮闘中

まだまだ経験・力不足で、自分の不甲斐なさに落ち込むことも。そんな時は、患者さんの「福原さん、がんばってね」という温かい言葉が大きな支えになります。また、同期の仲間も大きな存在です。学んだことや嬉しかったことを共有したり、励まし合ったりして、成長につなげています。
京都は憧れのまちで、一人暮らしを楽しんでいます。オフの日は、勤務中にメモをとった課題の復習をすることが多いのですが、仕事のことばかり考えていると煮詰まってしまうので、観光本を片手に散歩やサイクリングに出かけて気分転換しています。
今の目標は、確実に基礎看護技術を身につけること、そして根拠に基づいたアセスメントやケアを行えるようになることです。