NICU 2018年入職 島根県立大学卒 新人看護師

 インターンシップが入職を決める決定打となった

 

私は就職活動を始めるにあたり、看護師として働くことに強い不安を感じていました。学生時代、看護を学べば学ぶほど、現場最前線で働く上での知識や技術、経験は不十分であると感じ、それでも自分の人生における未知の領域に突入しなければならなかったからです。そんな中、当院が新人教育に力を入れていることを知り、さっそくインターンシップに参加させて頂きました。当日、病棟に案内していただくまではガチガチに緊張していましたが、師長さんをはじめ沢山の方々に温かく迎え入れていただき、たちまち緊張が解けていきました。そして看護師の方々と病棟を回るうちに、少しずつ自分が働いている姿もイメージできるようになり、社会人へなることの不安が和らいでいったのを今でも覚えています。それらのことに加えて、看護師としての知識面、技術面を高められる新人教育体制が整っていることをインターンシップへの参加によって実感したことが、入職を決めるための決定打となりました。

退院されるときに嬉しさ、遣り甲斐、充実感を感じる

数々の専門用語をはじめ、カルテの記録方法や業務手順、膨大な数の医療物品名や配置場所を覚えるのにとても苦労しました。まだまだ未熟ですが、先輩方が懇切丁寧に教えて下さって少しずつ出来ることが増えてきていることに遣り甲斐を感じています。また、看護の対象が言葉を喋れない赤ちゃんであるため、なぜ泣いているのか?なぜミルクが飲めないのか?等のアセスメントが私にはとても難しく感じ、戸惑うことばかりでした。しかし、入院当初は手の平に収まるサイズだった赤ちゃんが日に日に大きくなっていき、最終的にお母さんに抱っこされて病棟を去るのを見送る時は、嬉しさや遣り甲斐、充実感をしみじみと感じます。少し寂しくもありますが・・・。