CCU 2017年 入職 九州大学 卒業 新人看護師

先輩の看護に心を打たれて入職

合同病院説明会で当院の看護部が新人教育に力を入れていることを知り、第一希望に。その後、もっと病院や部署について知るためインターンシップに参加しました。その中で教育体制だけでなく、先輩たちの看護に向き合う姿勢と、明るい雰囲気に感銘を受け、「ここで看護をしたい」と感じました。
新人教育は集合研修が週1回あり、そこで講義と演習を受けて、病棟で実践に臨むという流れです。もちろん病棟特有の技術は、毎日の業務の中で先輩が指導してくださるので、安心して実施できます。その他にもe-ラーニングや研修センター、京都大学の附属図書館を利用できるなど、自己学習のための環境が充実している点もありがたいです。

同期と将来を語り合うことが刺激に

少しずつ自分でできることが増えることに、嬉しさと同時に看護のプロとしての責任も感じます。壁に突き当たったり、新しい発見があったり、毎日がすごく楽しいです。 就職を機に京都で一人暮らしをはじめ、最初は不安もありましたが、すぐに同じ部署の同期と仲良くなり、そんな不安は知らない間に消えていました。仕事が休みの時は、買い物や映画観賞、京都観光に出かけたり、大好きなつけ麺とラーメンの食べ歩きをしたりして過ごしています。時々同期と食事に行き、将来の夢を語り合う時間も良い刺激になっています。 今は、まずCCUで看護技術やアセスメントをしっかりと習得することが目標。その後は病棟での看護も経験したいと考えています。