北病棟6階 2015年入職 京都府医師会看護専門学校 卒 5年目看護師

 将来は看護師の教育に関わりたい

当院の特長は、高度先進医療の提供に看護師として貢献できること、そして多くの診療科があり、幅広い知識と技術を身につけられることです。
学生時代に当院で看護実習を受けさせていただいた時、指導者の方をはじめ病棟スタッフのみなさんが患者さんとご家族に対して真摯に向き合いながら看護をされている姿に感銘を受け、看護部の一員として働きたいと思いました。
入職して感じたのは、教育が充実していること。一つひとつの看護技術を確実に身につけられる研修とOJTが実施されています。特に部署の先輩方は経験をもとに分かりやすく指導してくださいます。時には失敗をして注意を受けることもありますが、こうしたことを通じて患者さんの命に携わる仕事をしている責任感が芽生えました。私も先輩方の指導をお手本にして、新人さんをサポートしたいと思います。そして将来的には、看護師を目指す人たちの教育に携わるという目標をもっています。

嬉しいこと、つらいこと、全部含めて素晴しい仕事

どんな仕事もそうだと思いますが、看護師も嬉しい時もあれば、一生懸命にしたことがなかなか結果に結びつかずつらく感じる時もあります。そういったことを全部ひっくるめて、看護師は素晴しい仕事です。患者さんが元気になった姿を見たり、「ありがとう」と声をかけてくださったりした時の喜びは、言葉では言い表せません。また、素晴しい仲間と共に成長していくことがすごく楽しく、充実感があります。
オン・オフのけじめをしっかりつけられることも看護部の良いところです。お休みの日は、習い事(日舞)をしたり、旅行に出かけたりしています。プライベートが充実していると、仕事も積極的に取り組めます。