中病棟7階 2020年 入職 聖路加国際大学 新人看護師

看護師としての能力を高めていけると考えて

 

大学病院・特定機能病院で勤務することで、高度な医療の提供・医療技術の開発に携わり、さまざまなエキスパートナースとともに働くことで自分自身の看護師としての能力を高めていけると考えたことと、また京大病院はPNS(パートナーシップ・ナーシング・システム)を行っているため、安全な看護の実践や看護技術の維持・向上できる環境であると考え入職を決めました。

患者さんからの声掛けが励みに

 

初めは業務内容を覚えることや、限られた時間の中で受け持ちの患者の状態を多角的にとらえることが難しかったです。様々な疾患が複雑に混ざり合った病態を理解し、現在の治療内容や今後の治療計画まで把握することが非常に雛しく、今も勉強中です。新人であり経験も浅いため、業務が円滑に進められなかったり、手技を失敗したり困難は多々ありますが、患者さんから 「大丈夫だよ」「うまかったよ」 「頑張ってね」と声をかけていただき、励みになり、もっと頑張りたいと強く思うきっかけになります。
今年度はコロナウイルスの影響も有り、集団研修が実施されず、各病棟での研修になりましだからこそ、所属する部署の特徴ある疾患を例に出して学べた点や、一人一人の進度や理解度に合わせて研修が進んだ点はメリットであると感じました。また、同部暑の先輩が研修を行ってくれたので先輩とも仲良くなるきっかけになったと思います。