中央診療棟

放射線部/高圧酸素治療部

放射線部/高圧酸素治療部

概要

CT、MR、透視検査、血管造影、放射線治療、RI検査を実施。
高圧酸素治療室では、骨髄炎や減圧症の治療を行っています。

特長

医師や放射線技師や臨床工学士などが協力して安全な診断・検査・治療を行っています。CT、MRIでは、造影剤の血管外漏出やアレルギーの早期発見、早期対応が求められます。 

人工腎臓部/輸血細胞治療部

人工腎臓部/輸血細胞治療室

概要

病床数22床
腎不全に対する透析導入や維持透析、血漿交換・血液吸着・白血球除去など幅広い分野にわたる血液浄化療法のケアを実施しています。

特長

重症患者さんの血液浄化療法ケアが増加しています。ターミナル期の透析や超高齢患者さんの透析導入は、個人の意志や家族の思いを尊重して、支援していきたいと考えています。 輸血細胞治療部では、末梢血幹細胞採取や自己血採血のケアを実施しています。

手術部

手術部

概要

ハイブリット手術室、MRI手術室、バイオクリーンルーム、日帰り手術室など24室の手術室で、年間1万件の手術を行っています。

特長

移植手術、ロボット支援手術、内視鏡手術、経カテーテル手術等、多くの先進的な手術があります。それぞれの手術に合わせて術中看護を創造しています。 術中看護が中心ですが、日帰り手術を受ける患者には、術前・術後の看護も行っています。

集中治療部

集中治療部(ICU)

概要

病床数16床(特定集中加算)

呼吸、循環、代謝などの重篤な急性機能不全の患者さんに集中治療・看護を行っています。

特長

10床から16床に増床しました。様々な生命維持装置や特殊な薬剤を使うことが特徴です。専門的な知識・技術を修得し、生命の危機状況にある患者さんの尊厳を守っています。

心臓血管疾患集中治療部

心臓血管疾患集中治療部(CCU)

概要

病床数8床(HCU加算)
虚血性心疾患や心不全、重症不整脈、大動脈疾患等を対象とした、集中治療・ケアを実施しています。

特長

平成28年3月に移転し、6床から8床に増床しました。主に循環器内科・心臓血管外科の患者さんが対象ですが、ICUと協力し、診療科を問わずあらゆる集中ケアを実施しています。

脳卒中診療部

脳卒中診療部(SCU)

概要

 病床数6床(SCU加算)
発症直後の脳卒中患者さんの急性期専門治療と脳血管障害の患者さんの術後ケア、リハビリテーションを行っています。

 

特長

 2015年12月に移転し、ベッドサイドを広々ととったぴかぴかの病棟です。超急性期対応が出来るように、救急外来に隣接し6床稼動しています