実践IV(4年目研修)

4年目の看護師を対象にした研修で、実践Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ研修での学びを基礎にレベルアップをはかり、患者の在宅療養支援に係る関係機関の連携や多職種協働について理解を深め、継続看護に活かせることをめざします。また、実習指導者の役割を理解します。

研修目的

  1. 患者の在宅療養支援に係るマネジメントに必要な知識を修得する。
  2. 実習指導者の役割を理解し、実習指導に必要な知識、技術、態度を養う。

研修目標

  1. 退院後の生活をイメージした情報収集の視点やアセスメントができる。
  2. 在宅療養支援に係る多職種協働について現状を説明できる。
  3. 回復期リハビリテーション病棟や地域包括ケア病棟などの機能を理解し連携の現状を知る。
  4. 患者・家族の意思決定を含む看護過程の展開ができる。
  5. 実習指導者の役割を説明できる。
  6. OMPの原則を理解し、ロールプレイでの学びを通して明日からの行動目標を列挙できる。

実践IV 研修カリキュラム

研修名テーマなど
在宅療養支援研修

(1回目)在宅療養支援に必要な基礎知識、在宅療養支援の実際

模擬事例を用いて事例検討

時間と形式

1日、講義と演習

(2回目)在宅療養支援の実際 見学実習と学びの共有

時間と形式

1日、見学実習とグループワーク

 

OMP研修

1分間指導法

時間と形式

半日、講義と演習