国際貢献・国際交流

国際交流

アメリカ・中国・ブータン王国等、複数の国の病院と提携をしており、アメリカのMDアンダーソンがんセンターは、毎年数名が渡米し交流を行っていて、諸外国からも、見学に訪れられています。

京大病院はブータン王国へ医療スタッフを派遣し
医療支援を行っています

京大病院は2013年10月にブータン王国(以下;ブータン)のブータン保健省、ブータン医科大学とイコールパートナーシップ協定を締結し、ブータンに医師や看護師などの医療スタッフを派遣して診療活動を行い、ブータンの若い医師の育成に貢献すると同時に、京大病院の医療スタッフが改めて限られた状況の中でGNH (国民総幸福量)を大切にしたこの国で「幸せとは何か』を考える機会を得る相互互恵関係を構築することを目的としています。2013年よりブータンに第 1陣の医師・看護師らを派遣し、以後2017年第8陣まで看護師8名が派遣され医療活動を行っています。

ブータン王国の医療支援に参加して

「お互いの文化や医療、看護の現状を尊重しながら良い交流ができました。」

手術部
筑波大学医療技術短期大学部卒
1998入職

2013年からブータン王国と医療交流が行われており、2018年秋に第10陣として、手術室とICUにて医療交流活動を行いました。
ヒマラヤ山脈を眺めながら到着した現地は、標高2500mで空が澄んでいました。しかしインフラ設備は整っておらず、街中には排水やゴミが散乱している状況です。私は、周術期看護の経験をもとに、感染対策の講義を行うなど、現地の看護師と一緒に、現地で必要とされている業務改善のためPDCAサイクルを活用して、活動をしてきました。人々はとても親切で、お互いの文化や医療、看護の現状を尊重しながら良い交流ができました。

 

 

ブータン医療支援詳細